おてがみぼっくす

モラトリアムの終結

過去記事①

彼の名はまぐ介。
挑発的な表情で我々を見つめる塩釜キャラ(だったはず)。

最初はカワハギかと思いました。
しかし、船の外に出てはじめて「まぐ介」であることが判明。
シーチキンにしたら美味しそうだと考えつつ移動。
もしこの船に乗る機会があったら、まぐ介と魂の会話をしてみてください。

海。泳ぐ予定がなく、水着も持参していませんでしたが…ココロオドリ、着衣水泳。見たら間違いなく泳ぎたくなるので水着必須です。

ずんだシェイク。テレビでとある有名芸能人がおいしくて数杯飲んだと言ったことで話題になっているらしいシェイク。

話題になってるなら飲んでみるか…。

と軽い気持ちで飲むと、びっくりします。

これはずんだなのか?
何でもいい、とにかく美味い。
いや、何でも良くない。これはずんだか?

この無限ループを、ずんだシェイク思考回廊と名付けましょう。
この回廊にはまっているうちに数杯飲んでしまうわけですね。

百聞は一味にしかず。
2015年8月20日現在、仙台駅で販売中。
見かけたら飲んでみてください。

旅記録、以上。

記録しないからこそ心に残る思い出、というのがあると思うのです。
まぐ介氏とずんだシェイクは、心に留めておくにはあまりにもインパクトが強すぎました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

gmailの下書きフォルダから。

約3年前、仙台まで旅行に行った時に書いたものです。