おてがみぼっくす

モラトリアムの終結

わかったような気になって

以前、過去記事のどこかでセルフモニタリング機能が著しく低いと書きました。

自分の限界点を把握することができない、と。

これは脳機能の問題のようで、経験しても学習することもできません。

おかげで今、就職先を考える時に大迷惑しています。私の脳機能、働け。

 

今回問題になっているのは、自分の体力がどれくらいあるのか(ないのか)把握できず、就業条件を決められないことです。

私はどうしても関東に居住地を移したいのですが、フルタイムで勤務可能か否かによって勤務地が大きく変わります。

現在は北国で家族と暮らしています。以前は交際相手と暮らしていました。

しかし、関東では一人暮らしをすることになるため、フルタイムで働くことが必須条件になるのです。

 

ではでは、自分の状態はどうかと考えた時に、

わ か ら な い。

 

私の脳内を文章化するなら以下のようになります。

 

数年前は正社員として8時間パティシエをやっていたが3ヶ月で退職した。だから無理をすればできるのではないか。

しかし前職、前々職は6時間勤務だったが辛かった。毎日鬱状態になっていたのは記憶に新しい。

しかし無理をすれば鬱状態でも働けることが証明されているではないか。だが、その間何回自殺を図っているか分からない。

結論、自殺しても働ければいいのか。あ、死んだらだめなのか。でも無理をすれば自殺しなくてもいける。

以下無限ループ。

 

願望と現実が混ざっているのは分かるのですが、結局自分の体力は把握できないわけです。

8時間勤務は難しいと主治医からは言われたことをついさっき思い出しましたが、難しいと不可能は違うよな…ということを延々と考え続ける始末。

先生、7件法で回答していただけないでしょうか。

 

わかったような気になって、実際にはなにもわかっていない。

セルフモニタリング機能は治ることなく、全か無か思考に縛られ続ける。

生きづらいですね。