おてがみぼっくす

モラトリアムの終結

もしあれを書くとしたら

最近はちょっと明るい話が多すぎたので、バランスを取って重苦しい記事を書きたいと思います。

本日のテーマ「もし私が遺書を書くとしたら」

ちょっと重すぎますか(笑)

重い内容をいかにコミカルに書くか、物書きの技量が問われますよ。

というわけで、今回は軽く書きたいと思います。

あ、本気で死ぬわけではないのでご安心ください。終活の予備学習です。

 

まず、遺書に必要なのは、なぜ死ぬか、でしょうか。

・疲れたので死にます。

 

あとは死因?

・老衰です。

 

これをつなげると…

疲れたので老衰で死にま

 

やめます。遺書は事務的に書くものだと思っているので、コミカルには書けません。

まあ「死人に口なし」というように死んだ後に何かを語ることはできないので、遺書にあれこれ書いておくのは良いと思います。

私は書きませんけどね。