おてがみぼっくす

モラトリアムの終結

通信制大学生の就職とか

 ※本記事は私個人の体験談の一部として閲覧願います。
ご質問・ご不明点等がありましたら回答いたしますのでご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

前回は大変お騒がせしました。
というか、大変騒いでしまい申し訳ありませんでした。

今日は真面目なことを書きたいと思います。

テーマは「通信制大学生は新卒枠で就活できるのか」。

今年6月から10月まで就職活動してきた私が語ります。
まずは自己紹介させてください。

・・・私について・・・
大学…X大学通信教育部正科
専攻…心理学
学年…4年生(2015年4月入学2019年3月卒業見込み)
取得見込資格等…認定心理士社会福祉主事任用資格、児童指導員任用資格、児童福祉司任用資格(実務経験1年以上)ほか1件受験資格
特記事項…2018年10月精神障害者手帳2級取得済み(広汎性発達障害


・・・就職状況について・・・
職歴…あり(累計4年程度)
現在の就職状況…在宅請負業務
就活時期…2018年6月から2018年10月まで

就活内容
①2018年6月…ハローワークの紹介で障害者合同面接会(新卒限定)に参加、多数の新卒向け就活サイトに登録
②2018年10月…転職エージェントに相談、中途障害者枠1社応募(不採用)
③2018年11月…1社応募済(後日面接)、国家公務員試験受験申込検討中

就職状況を主とした自己紹介は以上です。

んで、さっきの問い「通信制大学生は新卒枠で就活できるか」。

回答…「職歴がある方は中途採用で、というのが世の流れですね」

↑登録した新卒向け就活サイトの方の言葉を引用させていただきました。
①に記載した多数の新卒向け就活サイト様の担当者が同様の内容をおっしゃっていたので、まあ世の流れなのかなと思いました。

ちなみに、ハローワークの方の見解は「あなたの場合は新卒です。職歴があっても新卒です(※1)」でした。

定義上は「新卒」だが、世の流れでは「中途」であると。
それなら仕方ない。在学中に中途採用枠で就活するか。
そう考え、その後は新卒から中途採用への応募に切り替えました。

しかし世の流れは冷たかった。


…ひとまず、就活内容の詳細を順番にお話しさせてください。
回答の根拠となる重要箇所のみ抜粋してご説明します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

就活内容①の障害者合同説明会で面接を受けた怨社の採用ご担当者様に質問したところ、以下の回答が返ってきました。

「新卒枠、中途採用枠いずれの枠で採用させていただくかに関しては、一次選考を通過された場合に担当者と相談の上で通知致します」

残念ながら怨社とのご縁はこれきりでした。怨社ァ…

②の中途障害者枠1社応募(不採用)の怨社にメールで問い合わせした時には「会社の規定上ご卒業されてからの勤務になるかもしれないがそれでも良いなら応募してよいですよ」云々とご回答いただきました。

③明日面接につき省略。国家公務員試験については後日ズタボロに批判します。


以上。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここで、先ほどの回答を再掲します。

「職歴がある方は中途採用で、というのが世の流れですね」

あれれ。②の中途採用怨社は「ご卒業されてからの勤務」と言っていました。

と、いうことは。

結論「職歴がある者は卒業後に中途採用枠に応募するのがベスト」

新卒枠での応募は困難で、中途採用に応募しても在学中の勤務は服務規程上不可能な場合がある(※2)。

4月から就職したかった私にとっては、非常に辛い世の流れでした。
おわり。


(※1)「私の場合は新卒」であって、通信制大学生一般に当てはまることではないのかもしれません。
一般化はできないので、自分が新卒に該当するか否かは問い合わせてみてください。

(※2)会社によって服務規定は異なります。都度会社に問い合わせることを強く推奨します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あとがき

障害者枠での就職について等、書きたいことが多々あったのですが時間が押しているため今日はこれにて失礼します。
アウトラインも作らず一発書きのため、読みづらい文章になってしまい申し訳ありません。
この記事に関しては時間が空いたら大幅に加筆修正して公開したいと考えています。

 

最後に念押しします。

冒頭で書いたとおり、これは私の体験談の一部です。

障害児支援の業種では新卒枠でエントリーした際に採用担当者から「ぜひ受けてほしい」と連絡がありました。
職歴があると説明しましたが、その後も同業種の数社から電話をいただいています。

 

どうぞ、この記事を読んで決断をなさらないでください。

会社やエージェントによって見解は異なります。
問い合わせいただければ何らかのかたちで具体的な企業名や転職サイト名についてもお答えいたします。

決して、不安をあおったり絶望させたりしたいわけではないのです。
少しでも、この冗長な記事を読んでいただいた方のお力添えになることができれば幸いです。
世の流れは冷たいですが、個人は優しいです。みなさん優しかったです。
絶望しないでください。